産業ニュース | 2021/08/30
UVC LED殺菌モジュールの購入方法

UVC-LEDの殺菌性製品は市場に出回る以来、幅広い層から人気を得ていますが、UVC-LED関連の会社が増加していた分、製品技術のレベルが異なりますので、UVC-LED殺菌モジュールはどう正しく購入しますか。それについて、深セン市合創技術有限公司UVC-LEDモジュール技術担当から皆に豆知識をシェアさせていただきます。

まず、水流速度や、殺菌率、耐用年数などのパラメータを比べて自分に最適な製品を選択してください。例えば、殺菌効果、殺菌速度(深セン市合創技術有限公司の製品は0.2秒以内に殺菌可能)、減衰率なども考慮しなければならないです。殺害効果の方について、そちら様はサンプルを手に入れた後、長い時間の焼き実験を行っておいてから、モジュールが減衰の影響を受けてまだ製品に関連する要求事項を満たすことができているかと分かります。

次に、ほかのパラメータ(照射時間、放射電力、減衰)は、端末の実際のニーズに応じて定義する必要があります。殺菌モジュール製品を選択する際は、UVC殺菌機能を明記されたマニュアルを持ち、製造元によって提供されるテストレポートにもUVC殺菌率がはっきりと識別できる製品を進めます。それに、発明の特許を持つことが最善だとします。(深セン市合創技術有限公司はテクノロジー上の特許を多数有します)。

最後に、深セン市合創技術有限公司流体殺菌モジュールに対して対応可能な製品と徹底した解決案を持っております。
流水殺菌製品だけではなく、静水殺菌製品にも対応できます。実例からすると、寸法は6mm~30mm(カスタマイズ可能)で、動作電圧は12V-2Aで、波長は265-280nmで、電力は6Wである家庭用浄水器や、ビジネス用浄水器など幅広い分野に応用されます。