産業ニュース | 2021/08/31
UVC LEDを搭載している浄水器の商機

殺菌を主な機能にしている浄水器は、将来の市場に置いて大きな需要があるとされます。水筒水がある程度で住民のニーズを満たすことができますが、健康的な水飲み方は、基本的に水質の二次汚染問題を解決することができる家庭用浄水器を使用することです。ヨーロッパ、アメリカ、日本、韓国、その他の国では、浄水器の家庭での普及率は約70%に達し、中国では、2013年に家庭用浄水器の保有率は、わずか5%で、先進国から得た数値よりはるかに低いです。近年では、中国の浄水器の売上高は年間35%~45%という平均の速さで上昇していて、浄水器の生産量は、2015年には1億6千万台以上を推定されました。水浄化システムは、家庭用だけではなく、工業用にも役立つます。例えば、下水の再利用、帯水層の復元、地下水貯蔵に置いて潜在的な巨大市場を持っています。水は生命の源です。広い意味から言うと、地球上でどれほどの水があれば、どれほどの水が浄化される必要があります。

目下、LEDの低価に傾向するに対して、UVC-LEDはまだ高い粗利益を維持します。 UVC LEDあたり10元の平均価格で、商品ごとに三つのUVC LEDが使用されることに基づき、UVC LED産業の売上高は控えめに計算して30億元に超えます。また、上記の例に加えて、UVC LEDは、純水や、空気、食品、医療機器などへの殺菌において数え切れない用途を有しています。また、上記は、ちょうど中国本土市場だけのことを指します。

深セン市合創技術有限公司が開発した流体浄化モジュールは様々な浄水器に完璧に内蔵し、市場のニーズに満たし、巨大な商機を迎えます。