産業ニュース | 2022/07/07
UVC LED浄水応用の将来性

UVC LEDは家電における発展の勢いが強く、海尔(ハイアール)、小米(シャオミ)、雲米(クラウドミ)などの家電ブランドは、2021年上半期にUVC LED家電の新製品を発表しました。

発売された製品を見ると、UVC LEDは主に洗濯機、空気清浄機、エアコン、冷蔵庫などに応用し、浄水器の応用はまだ少ないです。

 

現在、ウォーターサーバーに搭載されているUVC LED殺菌モジュールは主に2つのタイプに分けられる。静態水除菌、過流式水除菌だと言われています。

静態水除菌モジュール:除菌時間が長く、タンクと組み合わせて使用する必要があります。また、貯水タンクの水は新鮮ではなく、出水管路の微生物による二次汚染の問題もあります。

過流式水除菌モジュール:瞬時に殺菌することができ、貯水タンクを組み合わせる必要がなく、ウォーターサーバーの排水口の位置に設置することができ、飲み水の不味さや微生物による二回汚染の問題を解決することができ、将来のウォーターサーバーの除菌の主流となります。

 

飲料水分野の専門家であるアン・ジルさんは、飲料水の安全は今後3-5年で全国民の関心の焦点となり、特にコロナの爆発で、欧米、日本などの国と地域の飲料水の安全に対する関心は空前の高さに達すると見なしています。

UVC LED業界の専門家である江舟さんの分析によると、ここ1年間、公共給水机と家庭用殺菌蛇口の需要が急増し、過流式殺菌は活発な発展期を迎え、製品全体の性能も新しいレベルに上昇しています。

 

要するに、UVC LED浄水応用市場の将来性は非常に大きいです。

 

 

合創技術のUVC菌モジュール0.2秒内除菌可能で、除菌率は99.9999%以上、お客様のニーズに合わせた設計提案が可能です

分かりやすい資料等をご用意しておりますのでお気軽にお問合せください。

info@hc-hitech.com

+86-755 2850 4426

 

弊社深セン市合創技術有限公司は中国のハイテク企業で、独自の特許技術より開発した水浄化ユニットは沢山の発明特許技術賞を取得しました。弊社はUVC-LED浄化ユニットの研究・開発・生産及び応用に専念しております。革新的な光学技術及び流体科学をの最適化を図ることで、0.2秒内で99.99999%の細菌及びウィルスを除菌できます。空気や、水等の表面消毒製品に向けより安全で、高効率で、使用便利なの除菌モジュールを提供します。

詳しくはコチラをご覧ください。

https://www.hc-hitech.com/jp/index.html