産業ニュース | 2022/09/21
各種の微生物を殺菌するのに必要なUVC線量について

前回はUVC線量の計算方式を紹介いたしましたが、今日は各種微生物を死滅させる所要UVC線量についてお話します。

微生物の種類によって、殺菌時間と所要UVC線量は違っています。

下記の表で各種微生物を殺菌するのに必要なUVC線量を記載しています。

UV線量がたっぷりな場合、不活化したウィルスと細菌は再生しませんが、UV線量が不足の場合、再生する可能性があります。同じUV線量でしたら、高照度、短時間或いは低照度、長時間の照射方式で殺菌の目的に達っすることができます。

UVC LEDの照度は照射エリアと距離に関係があります。距離が短いほど、照度が高い;距離が遠いほど、照度が低いです。紫外線照度が高いほど、殺菌速度が速いです。

実際の応用における様々な要素の影響を考えると、例えば空気中の損失、表面の清潔度、各種菌類の紫外線抵抗性など、実際に使用する時、殺菌効果を確保するために高い照度の紫外線殺菌灯をおすすめです。

合創技術の水除菌ユニットは高照度の深紫外LEDを搭載し、流体技術と光学技術の最適化を図ることで高効率の殺菌性能を実現できました。

広幅範囲に応用できます:浄水システム、浄水器、水道水直結、濾過システムなどすべての水処理装置。

合創技術のUVC菌モジュール0.2秒内除菌可能で、除菌率は99.9999%以上、お客様のニーズに合わせた設計提案が可能です

分かりやすい資料等をご用意しておりますのでお気軽にお問合せください。

info@hc-hitech.com

+86-755 2850 4426

 

弊社深セン市合創技術有限公司は中国のハイテク企業で、独自の特許技術より開発した水浄化ユニットは沢山の発明特許技術賞を取得しました。

弊社はUVC-LED浄化ユニットの研究・開発・生産及び応用に専念しております。革新的な光学技術及び流体科学をの最適化を図ることで、0.2秒内で99.9999%の細菌及びウィルスを除菌できます。

空気や、水等の表面消毒製品に向けより安全で、高効率で、使用便利なの除菌モジュールを提供します。

詳しくはコチラをご覧ください。

https://www.hc-hitech.com/jp/index.html