産業ニュース | 2022/08/10
短波紫外線UVCは本当に除菌効果がありますか?

紫外線( ultraviolet)は、波長が10 - 400 nm、即ち可視光線より短く軟X線より長い不可視光線の電磁波です。波長の違いによってUVA、UVB、UVCの3種類に分類されます。

その中で、UVCしか殺菌効果がないです。

短波紫外線UVCは波長200~280nm、短波長除菌紫外線或いは深紫外線とも呼ばれます。

UVCは菌やウイルスなど細胞が持つDNAやRNAに吸収される性質を持ちます。UVCを吸収した細胞の核酸の構造が、損傷され、生殖能力を失い、死滅します。

 

2百年近くの研究と発展を経て、多くの消毒・殺菌方法が発見されているが、大面積・大空間の物体表面の殺菌や空気・水の消毒には、依然として紫外線Cが優先されています。

UVC除菌法は速い、徹底的、汚染がない、操作が便利、使用とメンテナンス費用が低いなどの強みを持っています。UVC除菌は塩素除菌とオゾン除菌よりも速いです。高い強度、高いエネルギーの短波紫外線UVCはただ数秒で徹底的に滅菌できますが、塩素除菌とオゾン除菌は数分かかります。

UVC除菌はほとんどの細菌、ウィルス、病原体、藻類などに死滅効果があります。しかも二回汚染が出られなくて、有毒物質を残せません。殺菌された物体に腐食性、汚染と有毒物質残留は一切ありません。電源を切れたら、除菌モードが中止し、短波紫外線UVCが消えました。

塩素除菌とオゾン除菌は人体に対して危害の更に大きい寄生虫類(例えば隠性胞嚢虫、鞭毛虫類)などに有効的に死滅させることはできません。

塩素除菌、オゾン除菌はいずれも直接、間接的に発ガン性物質が人体に発生し、人体の健康に影響を及ぼします。UVC除菌は、現在、世界で最も先進的で、最も効果的で、経済的な殺菌方法です。

弊社独自の特許技術により開発した水浄化ユニットは高出力の深紫外LEDを搭載し、流体技術と光学技術の最適化を図ることで高効率の殺菌性能を実現できました。

 

合創技術のUVC菌モジュール0.2秒内除菌可能で、除菌率は99.9999%以上、お客様のニーズに合わせた設計提案が可能です

分かりやすい資料等をご用意しておりますのでお気軽にお問合せください。

info@hc-hitech.com

+86-755 2850 4426

 

弊社深セン市合創技術有限公司は中国のハイテク企業で、独自の特許技術より開発した水浄化ユニットは沢山の発明特許技術賞を取得しました。弊社はUVC-LED浄化ユニットの研究・開発・生産及び応用に専念しております。革新的な光学技術及び流体科学をの最適化を図ることで、0.2秒内で99.99999%の細菌及びウィルスを除菌できます。空気や、水等の表面消毒製品に向けより安全で、高効率で、使用便利なの除菌モジュールを提供します。

詳しくはコチラをご覧ください。

https://www.hc-hitech.com/jp/index.html