産業ニュース | 2022/07/13
過流式水除菌モジュールの応用における問題点

浄水設備におけるUVC LEDの問題点と実際の使用効果について、エンド設備メーカーはもっとも発言権がありますが、サプライチェーンのメーカーにとっては、エンド設備メーカーの問題やニーズから考えなければ適切な解決方案を提出できません。

 

2021年6月1日UVC LED産業現状及び技術トレンドシンポジウムで、飲み水専門家の浄水器メーカー沁園さんはエンド設備の視角から、UVC LEDの浄水器への応用を多角的に検討し、現段階でエンド設備が直面する問題--体積、除菌率、コスト、寿命を共有しました。

沁園さんは毎年浄水器を100万台出荷し、中の30万台はUVC 技術を採用しましたが、その30万台の中では30-40%だけの製品はUVC LED技術を利用し、残りの60-70%は伝統的な水銀ランプ技術を利用しましたと言われています。

UVC LEDと水銀ランプのもっとも大きな区別は、光電変換効率が低いこと、つまり除菌効率が低いことが知られています。このほか、沁園さんによると、UVC LEDの市場浸透率が高くないのは、詰め込めない、使えない、交換できないからだといいます。

詰め込めない:現在の過流式UVC除菌モジュールは体積が大きくて、しかも多数は円筒形で、スペースをとることで、浄水器の小型化の需要に対応しにくいです。

使えない:UVC LED殺菌モジュールのコストが高くて、UVC LED技術を応用することはエンド設備メーカーの利益が圧縮されることを意味します。

交換できない:浄水器は発売までに国家衛生承認を受ける必要があり、新製品の発売には6 ~ 8カ月の准備期間が必要となるため、コストが高くなるのは当然です。このため、従来品はUVC LED除菌モジュールを追加するのに多くの時間とコストがかかります。エンド設備メーカーがUVC LEDに切り替えるには力不足です。

このほか、寿命が定量化できないこと、寿命試験の性能報告がない、使用材料の安全性が未知であること、除菌効果が見込めないことなどもエンド設備が応用と普及の過程で避けられない問題です。

 

浄水器の供給者として、沁園さんは起こりうるすべての問題に基づいて、UVC LED製品に期待することは簡単に次のように分類できます: 体積がより小さく、除菌効率がより高く、寿命がより長く、価格はより安いことです。

関連メーカーの最新働態から見て、UVC LED水殺菌技術はすでに新しい突破がありました。

 

深セン市合創技術有限会社は、水除菌応用市場の将来性に基づいて、UVC LED過流式水除菌モジュールを開発しました。サイズは僅かø38で、長さはカスタマイズ可能、水処理流量は3-4L/min、わずか0.2 ‘’で除菌率も99.9999%に達しております。新製品だけでなく量産品にも追加可能です。材質は食品級SUS316Lを使用しています。エージング試験によるモジュールの寿命は5 ~ 10年だとわかりました。

合創技術が開発した過流式水除菌モジュールは以上のようにエンド設備メーカーが抱える「詰め込めない・使えない・交換できない」という問題を解決し、設備メーカーに最適なカスタマイズ方案を提出できます。

合創技術のUVC菌モジュール0.2秒内除菌可能で、除菌率は99.9999%以上、お客様のニーズに合わせた設計提案が可能です

分かりやすい資料等をご用意しておりますのでお気軽にお問合せください。

info@hc-hitech.com

+86-755 2850 4426

 

弊社深セン市合創技術有限公司は中国のハイテク企業で、独自の特許技術より開発した水浄化ユニットは沢山の発明特許技術賞を取得しました。弊社はUVC-LED浄化ユニットの研究・開発・生産及び応用に専念しております。革新的な光学技術及び流体科学をの最適化を図ることで、0.2秒内で99.99999%の細菌及びウィルスを除菌できます。空気や、水等の表面消毒製品に向けより安全で、高効率で、使用便利なの除菌モジュールを提供します。

詳しくはコチラをご覧ください。

https://www.hc-hitech.com/jp/index.html