産業ニュース | 2022/09/15
UVC線量はどのように計算すればいいですか?

紫外線殺菌の効果はUVC線量によって決まります。紫外線殺菌灯の種類、強度と使用時間にも影響されます。UVC線量とは一定の細菌不活化率に達するために所要する特定波長の紫外線量ということです。

UVC線量の計算公式は下記の通りです:

UVC線量(mJ/cm²)=照射時間(S)×UVC照度(mW/cm²)

UVC線量は大きいほど、殺菌効果が高いです。迅速かつ高効率的に殺菌するには、UVC紫外線殺菌灯の出力パワー(照度)が殺菌効果の主なパラメータとなります。

合創技術のUVC除菌モジュールは40mw/70mwなどのハイパワーのLEDを搭載して、特許があるUV-LEDリアクター設計でパワーが何倍か増大されて、高い殺菌効果に達しております。

合創技術のUVC菌モジュール0.2秒内除菌可能で、除菌率は99.9999%以上、お客様のニーズに合わせた設計提案が可能です

分かりやすい資料等をご用意しておりますのでお気軽にお問合せください。

info@hc-hitech.com

+86-755 2850 4426

 

弊社深セン市合創技術有限公司は中国のハイテク企業で、独自の特許技術より開発した水浄化ユニットは沢山の発明特許技術賞を取得しました。

弊社はUVC-LED浄化ユニットの研究・開発・生産及び応用に専念しております。革新的な光学技術及び流体科学をの最適化を図ることで、0.2秒内で99.9999%の細菌及びウィルスを除菌できます。

空気や、水等の表面消毒製品に向けより安全で、高効率で、使用便利なの除菌モジュールを提供します。

詳しくはコチラをご覧ください。

https://www.hc-hitech.com/jp/index.html